果物は栄養価が高く、定期的に食べることが推奨されていますが、中には果物を食べると口や舌が痺れたことがある人がいるかもしれません。実はその痺れは花粉症によるアレルギー反応の可能性があるので、一度確認してみましょう。

  • ホーム
  • 果物アレルギーを引き起こしやすい食べ物

果物アレルギーを引き起こしやすい食べ物

果物アレルギーとは、文字通り特定の果物を原因としたアレルギーのことですが、正式には口腔アレルギー症候群と言います。
これは特に口腔内や喉に強く症状が出てくるのが特徴で、喉の奥や唇、舌に痒みや痛みを覚えます。
また症状が進行すると下痢や腹痛、吐き気など消化器系に症状が出てくることもあります。

そして実は、果物アレルギーは花粉症の人にも注意が必要なものです。
アレルギーが引き起こされるのは、原因物質であるアレルゲンが体の抗体と結合するためです。
そして花粉症を引き起こす花粉と、果物アレルギーを引き起こす果物のアレルゲンには共通しているものもあると言うことが明らかになっています。
ですから、花粉症の人でも特定の食べ物を摂取することで症状が出現することがあると言うわけです。
この場合に、症状を引き起こしやすい果物としてはバラ科の果物、リンゴやサクランボ、梨、苺、それからスイカやメロンと言ったウリ科のもの、キウイやオレンジなどが挙げられます。

花粉症の方の場合、その原因となっている花粉によって、特に注意すべき果物は変わります。
不安な方は一度、病院で調べておくと安心です。

そしてもうひとつ、果物に含まれている特定タンパク質がアレルギーを引き起こす原因の場合もあります。
このタンパク質は、ゴムの樹の樹液に含まれている成分と似た構造をしていると言う特徴を持っています。
ですから、ゴム製品などに対してアレルギーを持っている方は、こちらにも注意が必要となります。
この場合、注意したい果物としてはバナナ、アボカド、パパイヤやイチジク、マンゴーなどが挙げられます。
果物に含まれているアレルゲンは、加熱をすれば変性して安心して食べることができるものもあります。
しかしゴムの樹の樹液に似ているアレルゲンに関しては、加熱の影響を受けにくいため、特に注意が求められます。