果物は栄養価が高く、定期的に食べることが推奨されていますが、中には果物を食べると口や舌が痺れたことがある人がいるかもしれません。実はその痺れは花粉症によるアレルギー反応の可能性があるので、一度確認してみましょう。

  • ホーム
  • 果物過敏症と口腔アレルギー症候群について

果物過敏症と口腔アレルギー症候群について

果物過敏症とは果物アレルギーと表現されることもありますが、正式には口腔アレルギー症候群と名付けられているアレルギーのひとつです。
これは特定の果物を口にすると喉の奥や唇、舌などの痒みや痛みが出てきます。
また症状が酷くなると、吐き気や下痢と言った消化器系や喘息や呼吸の苦しさと言った呼吸器系にも症状が出てくることも少なくありません。
そして稀に、アレルギー症状の中でも最も重篤なアナフィラキシーにつながることもあるため注意が必要です。

この口腔アレルギー症候群は、果物過敏症だと自覚している人以外にも起こり得ると言うことです。
その対象として最も気をつけたいのが、花粉症を抱えている人です。
全てのアレルギーは、原因物質であるアレルゲンが体内に侵入し、体がそれを追い出すために作り出した抗体と呼ばれる物質と結合することで発生します。
そして実は、花粉症を引き起こす特定の植物の花粉と、果物過敏症を引き起こす特定の果物の間には、共通しているアレルゲンが存在しています。
そのため、花粉症の人でも、原因の花粉が飛んでいない時期にアレルギーのような症状を感じた場合には、それが特定の果物によるものだったと言うケースも考えられると言うわけです。

花粉症の原因となっている植物の種類によって、気をつけるべき果物と言うのはある程度特定されています。
ただしその果物だけに気をつければよいと言うのではなく、できればその果物が属している『科』全体に注意を向ける必要があります。
たとえば秋の花粉症の原因であるブタクサの場合は、メロンが注意すべき果物としては挙げられますが、より注意を求めるのであればメロンが属している『ウリ科』全体への注意が必要になると言うわけです。
吸引性の花粉症とは異なり、口腔アレルギー症候群は原因の果物を口にさえしなければ、症状の心配はありません。
ただそれでも不安だと言う方は、病院で検査を受けると良いでしょう。